ライフスタイル

毎日3冊読んで月2000円以下。節約&多読できるオススメ読書法

本田です、インスタグラムで読書記録をしています。(@yukihondacom)

この記事では、僕が実践している「節約して多読もできるオススメ読書法」を解説します。

この読書法をすると、毎月少しお高いお店で外食できるよ。

3つの読書サービスを活用する

結論からいうと、3つのサービスをつかって支出を固定費にしつつ多読する方法です。

使用するサービスの種類は以下の3つです。(具体的な内容はのちほど説明します。)

  • 月額で聴き放題の読書サービス
  • タダで使える読書サービス
  • 月額で読み放題の読書サービス

固定費にすることが節約になる理由

そもそも、なぜ固定費にすることが節約になるのかというと、多読目的で気になる本を1冊ずつ買う方法では支払いが青天井になるからです。

この記事では月2000円以下の方法を解説していますが、ビジネス書でいうと新書サイズでだいたい1500円ほどかかります。

月2000円以下ですので、2冊買えばもうオーバーです。(1500円 x 毎月2冊 = 3000円 < 月2000円)

これを固定費にすることで、毎月10冊でも100冊でも同じ値段で読めるようになるので、節約しつつ多読する読書スタイルが可能になります。

では、それぞれのサービスを具体的に説明していきます。

読書サービスの具体的な使い方

聴き放題の読書サービスで本を読む

audiobook.jpというサービスを使います。

audiobook.jpは月額750円で本の聴き放題プランを提供している国内のリスニングサービスです。

定額で聴き放題なので、本の値段がいくらか気にせずにつかうことができます。

運動中や移動中に多読用としてつかうのがオススメの方法です。

僕は朝のランニング中にスマホで聴いています。

図書館でレンタルしてきた本を読む

節約術からすると簡単ではありますが、もちろん節約用に図書館を活用します。

ここでは図書館で本をかりるメリットを3つあげておきます。

0円で読める

タダです。これ以上ありませんね。

2週間で10冊借りられる

2週間以内に返して、また別の本を10冊借りてくることもできます。

最近の本も意外とある

2019年2月時点で探しにいったら、2018年8月発売の本がありました(→アウトプット大全

時間はかかりますが、新書のリクエストも可能です。

気になった本はリクエストを出しておけば数ヶ月で入ることもあります。

図書館って、いいよね。

読み放題の読書サービスで本を読む

暗い場所、スキマ時間を多読目的で活用しています。

具体的にはKindle Unlimitedという、Amazonが提供している読み放題サービスを使います。

月額980円で読み放題です。読み放題系の中では充実したラインナップだと思います。

個人出版の書籍も多く、回転がはやい印象があります。

月額2000円以下で本を読む

以上の3つのサービスを使った読書を習慣化していきます。

図書館は0円ですので、audiobook.jpとkindle unlimitedのみをあわせて計算すると、750円 + 980円 = 1730円(税抜き)

消費税分を混ぜても毎月2000円でおつりがきます。(2019年現在)

この読書法の注意点

注意点として、この読書法を守る場合は以下のポイントに気をつけることが大切です。

  • 聴き放題・読み放題以外のブックレビューは自分から読まない
  • 新刊は自分から探さない

というのも、この読書法のデメリットとして、読みたい本が読み放題サービスや図書館に無いとマジツラいということがあります。

一例として、僕の場合の購入パターンはこんな感じです。

  1. ブログ等のレビューに興味が湧く
  2. その本の詳細をAmazonで見る
  3. その本のレビューを見ると高評価
  4. 他のブログのレビューをいくつか調べる
  5. その本が気になって仕方がなくなる
  6. ポチッとする

正直、どうしても読みたい本なら買えばいいと思います。

ですが、読書が趣味のほとんどの方にとっては「いますぐ絶対に読まないといけない本」はありません。

なぜなら、読書しなくても生きていくことは可能だからです。

また、この購買行動のいくつかは習慣化することによって変えられる行動でもあります。(Amazonではなく、まず図書館にあるか調べるなど)

ですので、まずはこの購入しやすい流れがあることを理解し、本を手に入れるまでの習慣を少しずつ変えていくように意識することからはじめるといいと思います。

読書サービスの中で読みたい本をつねに先に選んでおくという方法もオススメです。

[参考] 僕の1日の読書スケジュール

参考までに僕の1日の読書スケジュール(2019年2月時点)を公開します。

[7時〜8時] 朝のランニングついでに、audiobook.jpで読書(耳で聴きながら走ってます。)

[15時〜16時] 事務所で図書館の本を精読

[20時30分〜21時30分] 子供の寝かしつけついでに、スマホのKindleアプリで読書

[スキマ時間] スマホのKindleアプリで読書。

こんな感じです。

3つの読書サービスをしっかり使うことと、時間帯や活用タイミングをわけることを意識しています。

まとめ

  • 聴き放題のサービスを活用して手が空かない時間に本を読む
  • 図書館を活用して0円で本を読む
  • 読み放題のサービスを活用してスキマ時間に本を読む

これら3つの方法をつかって読書することを意識していくことで、毎日3冊の本を読んでも月額2000円以下。節約と多読ができる習慣が身につきます。

あなたの読書人生の参考になれば嬉しいです。