ライフハック

「誰かのためにお金を稼ぐ」考え方が人生を本気にしてくれる

人生はお金じゃ幸せになれないと思っていませんか。

お金には汚い面や怖い面がありますし、それらの面がより印象的に見えてしまいますよね。

しかし、お金という仕組みは考え方によって本当に美しいものであると感じることができます。

人生を豊かにするための「誰かのためにお金を稼ぐ」考え方

こんにちは、YUKIHONDA.COMです。フリーランスエンジニアをしています。

結婚してからお金に対する価値観がガラっと変わりました。

この記事では人生を豊かにするためのお金の考え方を紹介します。

結論からいうと、「誰かのためにお金を稼ぐ」です。

人生お金じゃ幸せになれないと思っても幸せにはなれない

お金がイヤに感じたからといってお金のことを否定しても、幸せにはなれるかどうか疑問が残ります。

否定をすることによって、新しいお金に変わる価値交換の定義をつくり、その仕組みを社会に浸透させるために邁進する人生ならば、幸せといえるでしょう。

しかし、その仕組みを活用して生きていこうと頑張る人たちにとって、お金(またはそれに変わる仕組み)は大切なものです。

生活に欠かせないレベルで捉えるべきものを否定しても、幸せになれるとはいえません。

ではいったい、どうしたら人生でお金のことを幸せにつなげることができるのでしょう。

誰かのためにお金を稼ぐこと・使うこと

お金についてオススメしたい考え方は「誰かのために」です。

誰かのためにと考えることで、お金の美しさを確かめることができるからです。

特に個人で副業を始めようと考えておられる方や、不労所得が欲しいと考えている方などの「すでに暮らしていけるだけのお金を稼いでいるけど、もうすこしお金を稼ぎたい」方には特におススメします。

最初の目的がなんでも構いません。お金持ちになりたいや、ハワイで暮らしたいで充分です。

ただ、お金を稼ぐときと使うときにお金の後ろめたさを少しでも感じたときは「誰かのために稼ぐんだ」「誰かのために使うんだ」と本気で考えなおすことで「お金の大切さ」を確認しながら活動することができます。

お金を稼ぐ目的

お金を稼ぐ目的はたくさんあります。ここでは誰かのために・なにかのためにという観点から3つを紹介します。

家族のために稼ぐ

家族のために稼ぎましょう。

彼氏彼女・婚約者・妻・子供たち・親族、自分を支えてくれる親しい方のためにと考えてお金を稼ぐ行動をとるのです。

独身の方は、お父さんお母さん。ペットを飼っている方はペットのために。

家族が作ってくれている人生の恩返しです。

より良い社会のために稼ぐ

社会をより良くするために稼ぎましょう。

ある地域の活性化のために。より便利にするために。困っている人を助けるために行動します。

これができるようになるには自分たちの生活が満たされているという条件が必要な方もいるかもしれません。

その場合、家族の幸せのためにまずは行動することでも充分です。

または反対に、「社会のために稼いだ結果が家族のためになる」と考えて動くことも素晴らしいと思います。

誰かのために、なにかのために稼ぎましょう。

救える命のために稼ぐ

世界にはお金があれば助かった命がたくさんあります。

どこかの駅で誰かの命を救うために今日も募金活動をしている人たちがいます。

大事な息子・娘を守るために一生懸命働いている親がいます。

救える命のために使うと決めてお金を稼ぐことで、数々の命を救うことができる可能性が生まれます。

お金には上限があります。命の優先順位が決められないかもしれません。

その場合は、全団体に少しずつ分割して贈るのもよいでしょう。

これらの目的のために使えるお金も含めて稼ぎ、そして、徹底的に使っていくことです。

お金を使う目的

先程はお金を稼ぐ目的を紹介しました。

今度は「お金を使う」という観点から見た、誰かのために・なにかのために使う一例を紹介します。

友人・家族への贈り物

友人・家族に贈り物を贈りましょう。

誕生日でも記念日でも理由はなんでもいいです。

誰かのために贈ることで幸福度が上がります。

受け取った方も自分も頑張らないとって思える起爆剤になるかもですね。

物が嫌いな方もおられるので、しっかりと見極めることも大切です。

相手にどうしたら喜んでもらえるかを考えてみましょう。

教育費・養育費

子供たちにはより良い環境で元気にすくすく育ってほしい。

そのためにお金を使うことも幸せにつながります。

子供の頑張りたいことがいずれ大きな道につながっても、耐えられる下地を作る。

そのために稼いだお金を使うことは、誰かのために使う素敵な使い方の一つですね。

寄付

苦しんでいる人たちや社会のために寄付をすることも美しいお金の使いみちです。

収入のほんの少しでも寄付をすることで、心が晴れやかな気持ちになります。

また寄付するために頑張ろうと思いながら稼いでいきましょう。

「自分のためにお金を使う」意識も全然悪くない

自分の人生のお金の目的を「誰かのために」と設定することは大切です。

しかし、自分のためにお金を使うことも悪くありません。

お金の消費行動はそもそもが等価交換です。

同じ価値であると感じるモノやサービスとお金を交換しているのです。

これは悪いことではありません。むしろお金を必要としている方にお金を流すことなので、積極的に行っていくといいでしょう。

人生お金がすべてではない。しかし、稼ぐことで幸せにできる人生がある

今回の記事では、人生に対するお金の考え方について検討しました。

お金は誰かのために使い、稼ぐことでより素敵なモノになります。

大切だと思う人の輪が少しでも広がると嬉しい限りです。