ライフハック

仕事のモチベーション的な悩みは「習慣化」に差し替えるといい話

仕事に対するモチベーションが低下してきている方だけ読んでください。

このままモチベーションについて悩んでいると、ずっとモチベーションが上がらないばかりか、何回でも同じ沼にハマると思います。

答えは「習慣化あるのみ」です。

習慣化でモチベーションの悩みとはおさらばしましょう。

仕事のモチベーション低下は習慣化で解決

こんにちは、ホンダです。タスク管理ツールを使って自分の習慣を管理しています。

仕事のモチベーションが低下したときにどうすれば上がるのかを考えていて、そもそも「モチベーション思考でいることが問題なのでは」という認識にたどり着きました。

この記事ではなぜモチベーションが必要なのかを改めて問い直し、解決策として習慣化を提案したいと思います。

仕事へのモチベーションはなくていい

なぜ、仕事へのモチベーションが低下していると感じてしまうんでしょうか。

まずは、新人の頃を思い出してみましょう。

新人の頃は覚えることが多く、自然に自己成長を実感できましたよね。で、それがそのままモチベーションにつながっていったわけです。

できないことを克服していき達成感を味わっていったことが最初のモチベーション。

そこからいまではほぼできるようになりました。

次はなにを求めますか。

それ以上高速化しなくてもあなたの業務スピードでその仕事はうまく回りますし、あなたの問題解決能力があればもう仕事は回ります。

そうなると「自分はなんのために仕事をしているのだろう」という風に思いはじめます。

「仕事へのモチベーションが上がらない」と感じている時点で、それは自分が本気で挑んでいない状態になっているということです。

また、本気で挑まなくてもできちゃう状況になってるといえます。

ならば、そんな仕事をいまなお続けているのはなぜでしょう。

単純にいまは「生活していく収入を得るため」ではないでしょうか。

根本思想が「お客様の役に立つため」というのなら、もうそれがモチベーションですので新しいお客様を探してお役に立つために頑張ればいいです。

モチベーションが上がらないという人はその思想ではないように感じますし、少なくとも僕は「家族の生活のために収入を増やしたい」のが根本となっています。

仕事がさくっとできるようになったら、もう仕事のモチベーションは気にしなくていいです。

ざっと終わらせて、実現したい目標を別に作りましょう。

仕事は習慣化して、あとは好きなことに集中する

仕事のほとんどは習慣化できます。

抽象度は違いますが、内容ではなく行動の面において、新規事業以外のほとんどの仕事は同じことの繰り返しだからです。

仕事の習慣化とはいわばフレームワーク化のようなものです。

たとえば、「アイデアを出す」のはAという言葉とBという言葉を組み合わせて考えるような、同じアイデアの出し方でさばけます。

「パソコンで資料を開く方法」「スマホで連絡する」などはツールを最適化していつも同じ流れで行う。

タスク管理手法から着る服や履く靴にいたるまで、コアな内容以外のほとんどの行動は習慣化・フレームワーク化が可能です。

好きなことに集中するためにも、仕事のやり方を整理してひとつひとつ習慣化していきましょう。

習慣化がもたらすその他のメリット3つ

習慣化にはメリットがたくさんあります。仕事以外にも習慣化することは役に立つことが多いです。ここでは3つだけ簡単に紹介します。

疲れなくなる

選択肢があると少なくとも脳では「どれを選ぼうか」という作業が発生します。これが脳の体力を消費してしまい、疲れになっていきます。

それが選択肢をあらかじめ決めておく(習慣化しておく)ことで、選択の手間を省くことができ、疲労しにくくなります。

意識に考える余裕が生まれる

習慣化されると無意識で行動できるようになります。

そうなると意識に考える余裕が生まれるため、新しいことにチャレンジしやすい状態になれるでしょう。

理由付け行動により自信がつく

習慣化を「なぜそうするのか」理由をもとに構築していきます。

そうすることで「この目的を達成するために、この行動をしている」ということが認識としてあるので、習慣化ができるようになると、そのまま自信につながっていきます。

【まとめ】それでも仕事のモチベーションを高めたいか

この記事では、仕事のモチベーションが低下していることに対して、仕事を習慣化をすることで人生の楽しみを底上げしようという提案をしました。

仕事のモチベーションがあるにこしたことはありません。

しかし、仕事のモチベーションがなくなったことに悩みつづけるよりも、割り切ることもときには大切に思います。

習慣化を研究して、どんどん仕事を簡単にできるようにして、よりよい時間の使い方を探求しましょう。

習慣化を極めること。それがまた、仕事のモチベーションになるかもしれませんよ。

参考文献

「続ける」習慣