コラム

【レビュー】ASUS Chromebook flip C101PA 購入ビフォーアフター

ASUS Chromebook flip C101PAを買おうかどうか、最終判断で悩んでいませんか。

僕は買うまでに3日は悩みました。

使用してみて、いまは本当に買ってよかったと感じています。

ASUS Chromebook flip C101PA 徹底レビュー

こんにちは、ホンダです。フリーランスのWEBエンジニアをしています。

今回は「ASUS Chromebook flip C101PA」の購入経緯・使用感・メリット・デメリット・おすすめできる人できない人に関して、徹底レビューしていきたいと思います。

冒頭でもお話しましたが、ASUS Chromebook flip C101PAを購入してから積極的に使っています。

購入までの経緯はこんな感じでした。

ASUS Chromebook flip C101PA レビュー「購入までの経緯」

使い込んだMacbook Air

これまで外出時は13インチのMacbook Airを使用していました。

数年は酷使していたためバッテリーの減りが早かったり、電池残量が50%になると突然落ちたり。

不具合が目立つようになってきていました。

ブログ記事を書くことも多くなってきたし「そろそろノートPCを新調したいな」と感じるように。

これが2018年夏の話。

Macbookの新作未発表

2018年秋のアップル発表イベントで、新型Macbookが出るとの噂。

出たら買おうと決めていました。

結果は未発表。

「軽さ・薄さ・コンパクトさは正義」と感じていて12インチのMacbookがベストだろうと思っていただけにかなりショックでした。

とはいえ、旧作のMacbookもキーボードにゴミが入って使用不能になる問題が出ていたので買う気にはなれず。

Macbook購入計画は頓挫してしまいました。

Chromebookの記憶

2019年2月からブログを書くようになり、外出先や自宅のいろんなところにMacbook Airを持ち運ぶようになりました。

しかし、普段タブレットを持ち歩いていたので、気軽にというわけではありませんでした。

なんとかならないかなとタブレットで執筆をしてみるものの、まだかゆいところに手が届いていない感。

こればかりはどうしようもないのかと感じていた矢先にふと「そういえばGoogleのChromebookっていうノートパソコンがあったな」と思い出しました。

数年前に調べた記憶ではネットに特化していて、マシンパワーもほとんど不要。充電は持つしMacに比べるとお手頃な値段のパソコンが多い印象がありました。

さっそく調べてみることに。

ASUS Chromebook flip C101PA との出会い

調べていくとさまざまな良質Chromebookがありました。

一時は廃れていくと言われていたのがかえって活性化しているなと感じるほど。

そして、商品比較記事を見ているとどの記事でもほぼ

  • 軽い、薄い、コンパクトでサクサク動く
  • バッテリー持ちが良い
  • 気軽に持ち運べてこのお値段

という期待どおりのノートパソコンがありました。

それが「ASUS Chromebook flip C101PA」

僕が探していたポイントばかりで懐疑心すら覚えるほどでした。

ASUS Chromebook flip C101PA の購入

もともとMacbookを買おうと考えていた人間でしたので、新しいPCへの挑戦ということもありしばらく悩みました。

コンパクトで軽く、サクサク動いて値段も5万以下。

ブロガーの評判も悪くない。

ポイントは十分。

キーボードは英字配列を使っていたので海外Amazonで探してみていました。

しかし、海外だと発送してから到着までが数週間かかり、探していた目的のスペックの方は日本円で3万円ほどだけど、中古のみで輸送不可。

ここの解決がなかなかできなくて悩みながらしばらく調べていたら、
国内のASUS Store Onlineに英字配列版があることを発見。

ASUS Chromebook Flip C101PA(C101PA-ENG・シルバー)


送料含めて約4万5千円ほど。海外の中古品に比べると高い。

しかしパソコンは時期モノ。

タイミングを逃すとまたMacbookと同じように待って見えないストレスを持ったまま生活することになる、それだけは避けたい。

結局、英字配列キーボードの発見・ヨメの許可・ブログをやるという決意が後押し。

ASUS Chromebook flip C101PA ポチリ、となりました。

ASUS Chromebook flip C101PA レビュー「購入後の使用感」

まず感じた第一印象は筐体の小ささです。

10.6インチとコンパクトサイズ。普段13インチを使っていたので、非常に小さく感じました。

そして持つと軽い。

Macbookのような先細りではないですが、しっかりと薄い。

スペックは心配していたのですが、全然サクサク動く。

さすがにトラックパッドはMacほど洗練されていません。

しかし必要十分に動きます、二本指でスクロールもできます。

強く押さずにタップでクリックができて、設定を変えればダブルタップからのドラッグも可能。

画面に触れることでも選択やスクロールができるので、ざっと移動したいときは画面に触れたりもしています。

マウスなしで全然使えます。

これがまた楽しいです。

ASUS Chromebook flip C101PA レビュー「メリット・デメリット」

メリット

軽くて薄くてコンパクト

タブレットと同じ感覚で持ち運べます。

高速起動

起動速いです、体感5秒くらいかな。

スタンバイモードからの復帰においては体感1秒かかりません。

ネタが浮かんだらすぐ作業モードに入れます。

デメリット

若干固い開け具合

すごい力が必要というほどでもないですが、開けるときに若干固い感じがします。

画面が360度フリップしてタブレットになる構造のためだと思います。

自分なりに開け方を研究しているので不都合は感じていません。

ASUS Chromebook flip C101PA レビュー「おすすめする人・しない人」

こんな人におすすめ

  • 気軽に持ち運んでブログを書きたい方
  • 情報整理をネット上で完結させたいと考えておられる方

こんな人には向いてないかも

  • パソコンのスペックを駆使して色々やりたい方
  • 大きな画面で快適に作業したい方

総評

ASUS Chromebook flip C101PA、大変いい買い物でした。

届いてからというもの、Macbook AirはおろかタブレットよりもC101PAを頻繁に使うようになりました。

キーボード付きなのに機動力が抜群でどこにでも持ち運びたくなる。

スキマ時間の使い方も、これまではインプットばかりだったんですが、C101PAを使いだしてからはアウトプットする量が多くなりました。

総評としては「アウトプット重視の生活をするなら買い。そうでないなら他でもOK。」ではないでしょうか。

またChromebookの情報は少しずつ記事ネタにしていきますね。

より良い暮らしを目指して。ありがとうございました。

[ASUS Store Online]
ASUS Chromebook Flip C101PA(C101PA-OP1)